2019年09月01日

団委員長ごあいさつ(7月号)

日本連盟コミッショナーより
夏季行事について安全に留意するよ
うにとの通達がありました。
①熱中症対策
②水辺活動の安全活動
③登山・ハイキングでの安全対策
④危険な動植物への対応⑤食中毒対策
⑥天候チェック
例年事故の発生件数が最も高いのが8月で、
全事故件数の2割以上を占めているそうです。
また指導者自身の事故も全
体の20~25%で推移しているそうです。
スカウトに気を取られて事故に遭う、
ついつい無理をして身体に負担を掛け
て怪我をする等々のことがあるようです。
スカウト、そして指導者も事故に遭わないように
安全計画・危機管理対策に十分留意していただき、
総仕上げのキャンプ(舎営)を9団スカウトにとって冒険的で楽しいプログラム、
また指導者の皆さんにとっても成長の機会になることを願ってい
ます。
posted by ボーイスカウト at 19:20| 兵庫 ☔| 見学・入団 | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

団委員長からのご挨拶(3月号)

☆団委員長からのごあいさつ

コミショナー通達がありました。セーフ・フロム・ハームの取り組みとして

「指導者バディルール」が新たなガイドラインとして示されました。

これは安全で安心できるスカウト活動のために指導者は複数人で活動をするということだそうです。

具体的にはスカウトと指導者は一対一にならないということで、

集会に向かう時も、集会の始める前も、集会中も、

また集会が終わってからも二人以上の指導者がいるようにして

スカウトと指導者が一対一にならないようにしなければならないということです。

そして、この通達の内容の確認がとれ次第、速やかに実施してくださいとのことでした。

ついては、指導者の皆さんにはご負担をお掛けすることになりますが、
取り組みの趣旨をご理解いただき何卒ご協力をお願いいたします。
また、保護者のかたにも指導者が先に公園で待っている場面が想定されますので、
その場合は他の指導者が来るまでの間はしばらく公園で残っていただきたく、
ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
posted by ボーイスカウト at 10:45| 兵庫 ☁| 見学・入団 | 更新情報をチェックする

団委員長からのごあいさつ(2月号)

☆団委員長からのごあいさつ

2019年度の県連ならびに当地区の重点目標は昨年と同じ「スカウト個々をみつめる」となりました。

この活動の素晴らしいところは子供たち一人ひとりの成長を見つめることではないかと思います。

活動には必ず“ねらい”があります。それが個々のスカウトの成長につながる活動であることが重要です。

その“みつめる”深さがスカウト個々の成長に影響を与えることは間違いありません。

(1) 指導者は自己研鑚に努める() スカウト個々の進歩・上進をみつめる

(3) スカウトの競争する心を育む() スカウトの国際交流を推進する

(5) 後継者育成プログラムを推進する

団としても隊の活動がスムーズに推進できるように全面的に支援していきます。
9団に集まった子供たちの成長のため隊指導者・団委員ならびに保護者の皆さんと一致団結して
「スカウト個々をみつめる」活動の推進ができればと思います。
posted by ボーイスカウト at 10:43| 兵庫 ☁| 見学・入団 | 更新情報をチェックする